競売は絶対に避けよう

住宅模型

家を建てるときに組んでいた住宅ローンが払えなくなってしまったので、家を売って返済しようと予定する方もいるでしょう。しかし、家を売ったときに手にできる金額が、残りの住宅ローンの金額よりも少ない場合は、契約により売ることができません。そのときは、そのまま放置しておけば、強制的に競売にかけられるため、住宅ローンが残るとしても売り払えます。しかし、この競売というシステムは、本来の家の価値よりも大幅に低い金額で取引が行われるのがとても大きなデメリットです。そのため、住宅ローンが残ってしまう家を売りたいのなら、損をする競売は避けて、任意売却で手放すことを考えましょう。

周りに知られずに手放せる

家の模型とお金

競売にかけられてしまったときの、もう一つの大きなデメリットは、周りの方に知られてしまう可能性があることです。競売にかけられた物件は誰でも見られるので、たまたま友人や知人の目に触れるケースもあるのです。そうなると、住宅ローンが支払えずに、家を手放すことになったと知られてしまうため、よくない噂を立てられてしまう場合もあるでしょう。しかし、任意売却で手放すのならば、周りから見ると普通に物件を売るのと変わらないので、話して回らない限り誰かにばれてしまうことはありません。もしも、家を手放しても、子供の学校などの事情から近所に住むというのなら、今後のことを考えて周囲にばれない任意売却を選んでおくと安心でしょう。

専門家に頼むと取引が有利に進む

案内する人

任意売却は個人でもやれる手続きなので、書籍などで手続き方法を学び、必要な書類を用意できれば、素人でも行うことができます。しかし、住宅ローンを組んだ金融会社と交渉しなければいけないため、自分一人でやるのはまったくおすすめできません。住宅ローンを組んだ金融会社は、自分のところに少しでも利益が多く入るように交渉してくれるので、素人では太刀打ちするのが難しいからです。もしも、知識がない方が交渉を有利に進めたいと願うのならば、住宅ローンの手続きをしてくれる専門家への依頼を考えましょう。知識を持った専門家に頼めば、一円でも得するように交渉してくれるため、無駄に損をすることなく取引がまとまります。なお、任意売却は不動産業者や弁護士事務所などに頼めるので、対応するところを探してみましょう。ただし、得意とはしない業者や事務所もあるため、数々の任意売却を成功させてきた実績を持つ専門家を見つけださなければいけません。

広告募集中